星の向こうにあるもの


いつまでも夢を見続けていたい  無断転載禁止。著作権は放棄してません。
by star0aqua
カテゴリ
全体

未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳

結婚生活40年目のはじまり。

ベランダから眺める広島の町は、どことなく騒がしい。
お互いに何も言わないで、窓の外を見ていると、
今までの結婚生活の40年間が、穏やかなように思えてくる。

だが、遠くを見ているお互いの人生にはかなりの隔たりがあった。

もう、ここで終わる、いや終わらせなければならないと
確執の気持ちを払拭して、口を開いた。
ただ、一言、

「今までの人生ありがとう。」

優子の頬に、一滴の涙が流れた。





にほんブログ村 小説ブログへ
[PR]
# by star0aqua | 2006-07-23 08:51 |

朝のラッシュに

「もう嫌だ。
あのオヤジの顔を見るのも嫌だ。
ずぅーと向こうからいつもチラチラ見ている。
あぁーやだやだ。」

大町駅で電車に乗り込む勇太には、あのオヤジの顔を
見るのが朝、苦痛でならなかった。
いつもチラチラこちらを見ているのだ。

実はこのチラチラ見ている勇太がうっとうしいと
思っているこのオヤジこそ、なにを隠そう実の父親。
源太であった。

源太は優太に悟られないようにと
密かに朝大町駅のホームで、彼を見るのが楽しみであったのだが、
優太に、最近気がつかれてしまった。

源太がそう思っていると、優太の方からこっちへ歩いて来るではないか
やばぁ!!!。

さすがに源太も反対の方を何気なく見るのだが
心臓はドキドキして今にも爆発しそうだ。

「おじさん、僕に何か用?? いつもこっち見てるでしょ」
優太の生の声を聞くことが出来うれしい反面
うろたえる源太であった。


にほんブログ村 小説ブログへ


[PR]
# by star0aqua | 2006-07-17 21:58 |

逢う=au

源太は恐る恐る内緒でお父さんの携帯電話をかけてみた。
お母さんが出てくれることを期待しながら。
でも、ホントにお母さんが電話に出てきたら、
どうしようと思っていた。

呼び出し音が 1回 2回 3回 まだ出てこない。 
4回 5回 出てこない。 6回目が鳴ったかと思った途端
携帯電話の向こうから聞き覚えのある声がした。

「もしもし、末田ですけど。もしもし?」
お母さんの声だ。 途端にうれしくなって涙があふれ出してきた。
でも、声を出そうにもなぜか声にならない。

「もしもし?もしもし?」
智子は電話の向こうからのすすり泣く声がわかった。
源太だ!
「源太なの?そうでしょ。源太でしょ」

「おかあさぁ~ん」
源太は2年ぶりに聞く生みの母親の声を聞き、
うれしさのあまり涙で声にならなかった。
いままで、新しいお母さんに父親が遠慮して智子へ逢うのを
許さなかったからだ。

源太は一番最後に、智子と一緒に入った可部線緑井駅のそばにある
フジグランで食べたハンバーグをすぐに思い出し、その後別れる際泣きながら見送った
JR緑井駅の改札での智子の後ろ姿を思い浮かべていた。

源太は1年間の寂しさをいっぺんに
携帯電話にぶつけていた。

auで逢えた。源太にとって、ほんのひと時の大切な時間だった。

にほんブログ村 小説ブログへ

[PR]
# by star0aqua | 2006-07-09 00:05 |

ぴたぴた 歩け 歩け

ぴたぴた 歩け 歩け

腕をふりふり 急げ 急げ

前  後ろ おいっちに

前  後ろ おいっちに

前からの風が 気持ちいいぞ

もっと進め   もっと進め

前 後ろ おいっちに

前 後ろ おいっちに

ちょっとだけ 後ろが気になった。

でも、前を向いて 

おいっちに 

あ る け
[PR]
# by star0aqua | 2006-07-08 17:53 |

長い夜

広島駅に着いた。
まだこの時間だと間に合うかもしれない。

でも、足取りがとても重くて気持ちが乗らない。
仕方ないのでとりあえず携帯電話をしてみる。

「今着いた。・・・・・・」
「・・・・・」
「あぁ、今からそちらに行こうと思う。 えっ!もう居ない?」
「どうして?今日行くって言ってたじゃないか。」

どうやら、俺のことなどすっかり忘れて、買い物に出てしまったらしい。
なんてこった、彼女の心の中に、俺はもう住みついていないのか。

「どうしても時間取れない? だめ?って!」
「おいおい、どうしたら会えるんだ。」

今更言っても仕方がないが、原因はこちらにあることは分かってた。
でも、お互いに話し合わなければその先はない。

「ぶらぶらと本通りを歩くしかないか」

どこかで気持ちを落ち着けるためにも
カフェにでも行くこととし、とりあえず広電の路面電車に乗った。

電車に乗ると、向かいの座席には肩を寄り添う二人連れ。
なぜか恨めしいやら、情けないやらで、

気持ちが暗闇へと、引きずられるようで仕方がなかった。


[PR]
# by star0aqua | 2006-07-07 21:48 |

ここからも

me

見てるわよ。 あなたのことを。

どんな時でも
          どんな事でも
                    どんな所でも

いいわよ、好きにして。

あなたの勝手にさせてあげる。

誰とでも、逢ってらっしゃい。

でも見てるわよ。 あなたのことを。

ずっと、ずっと、見ていてあげる。


[PR]
# by star0aqua | 2006-07-06 14:39 |

誰かがどこかで


歩いているといつも見られてる気がしてならない。

ホテルに入ろうとすると、誰かがドアを少しだけ開けて

こちらを見ているような気がする。

トイレに入れば隣から見られている気がする。

天井にはいつの間にか穴が開いており

寝ている姿を見ているような感じがする。

だが、不思議なことに街に出かけるとそんな気が全くしなくなる。

もしかしたら、僕って他の人達からすると、

ただの風景?のひとつ?

やっぱり。       広島ブログ
[PR]
# by star0aqua | 2006-07-05 21:42 |

雨降ってきた

しとしと ぽたぽた

雨 降ってきた。

今日の雨は 悲しい涙? 

それとも   うれしい涙かな?

悲しい涙は  どんどん 流せ。

うれしい涙は どんどん 喜べ。

しとしと ぽたぽた

しとしと ぽたぽた

きょうのおてんとうさん どちらかな?

教えてくれたら、アメ玉あげる。 


[PR]
# by star0aqua | 2006-07-04 19:12 |

M78星雲

hosisora

「見えた?」
「見えない」

「よく見てみて」
「まだ見えない」

「どうして?」
「だって、僕にはお前しか見えないから」

「ばぁか」
「えへへ」

「スキにすれば」
「あぁ、もう少しこのままでいるよ」

「なぜ?」
「居心地がいいから  いい?」

「そのうち飽きるよ わたしのこと  な ・ ん ・ か」
「そうかな?」

「きっとそうだよ」
「だって、まだよく見えてないんだお前のこと」

「じゃぁ、見えたら終了?」
「星の向こうにあるものといっしょ」

「何それ?」
「今は、まだわからない」                 
[PR]
# by star0aqua | 2006-07-03 22:17 |

電車の中

densya

あの子はきっとこの車両には、いないはず。
それでもここに乗りたい理由がある。

忘れたいハズなのに忘れられないこと。
それが彼女との出会い。

一番人生で大切にしなきゃいけないはずなのに
もう時間は戻らない。

「いいでしょ。私たち出逢わなかったことにすれば。」
「そんなわけにはいかないだろ。」

簡単に彼女は言ったけど、
事の重大さは後になってからの方が
身に染みた。

満員の電車に中では、ドラマは生まれないのか。
これがもうすでにドラマ。

あの時間あの空間を
忘れたいはずなのに忘れられない。       
[PR]
# by star0aqua | 2006-07-02 22:25 |

静かな時間

ribingu
少しだけ冷静になり
よく考えてみた。

確かにあいつの言っていることには、間違いはない。
だけど、俺の今の立場はどうなるんだ。

ひとりベットルームに閉じこもってしまった妻に対し
怒りと絶望感でリビングルームにひとり、座っている。

子供たちの気持ちを一番考えているかだって?
そんなことは百も承知。
それよりも、なによりも家庭の妻としての存在より
あいつが女という生き物を結局、大事にしたからか?

めっきり少なくなっていた夜の生活も
今そのわけが、はっきりした。
理由がはっきりした以上、このままにしておくわけには
夫として、男としていかない。

闘いの始まりだ。












[PR]
# by star0aqua | 2006-07-02 13:08 |

坂道を昇る

「待ってよ」
「だめだ!もっと急がなくちゃ だめだ!」

源太は、優子の手を思いっきり引っ張った。
優子はどこに行くのかは何となくわかったが、何故そんなに急がなくてはいけないのか
全くわからなかった。

「そんなに引っ張ったら、手が抜けちゃうでしょ」
「あはは、大丈夫。もう少しだ」

しばらく見えてきたのは、まばゆいばかりの 朝日。
すがすがしくて気持ちの良い朝は久しぶりだった。
苦しくて苦しくて、切ない優子の気持ちをわかっているかのような源太の

気持ちの表れだった。

そんな気持ちが何だか うれしくって
優子は、自分の
a0079041_01441.jpg
瞳が自然と潤むのを感じた。











[PR]
# by star0aqua | 2006-07-01 00:01 |

すゥ~~ト

飛んでけ 飛んでけ

どこまでも

ふわふわ ぽんぽん

ふぁわ ふぁわ

ぽぽぽん ぽぽぽんと

すぅ~~~と すぅ~~~と

どこまでも


[PR]
# by star0aqua | 2006-06-29 19:53 |

誰もが

先へ さきへ と急ぐなよ

先に見えてるモノがある?

ホントは見えてはないんだろ?

先へ さきへ と急ぐなよ

自分の早さが見えている?

ホントは見えてはないんだろ?

先へ さきへ と急ぐなよ


[PR]
# by star0aqua | 2006-06-28 20:34 |

いつのまにか

小さく 小さく

育てても

大きくなあれ  大きくなあれ

どんどん伸びろ

おまえがいつの間にか

育ち、大きくなったことを

お父さんお母さんは

いつまでも見ていたい。

まだまだ、大きくなれるだろ。


[PR]
# by star0aqua | 2006-06-27 21:16 |

星の向こうにあるもの

大きく見える

小さく見える

星が見える。


どんなに見える

こんなに見える。

まぁ、いいか

星の向こうに見えるもの

見てみたい。
[PR]
# by star0aqua | 2006-06-26 23:03


最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧